2011年11月09日

3時のかんぶつ屋さん





おやつの時間ですよ~ik_07
ひじきのシフォンケーキ、わかめのパウンドケーキ、高野豆腐のかりんとう、きなこのサブレ。
ん…スイーツ??
太陽の恵みがたっぷりつまった栄養満点の乾物を、
もっと子どもたちやお年寄りにも食べてもらいたい!
と立ち上がったのが、乾物スイーツを企画製造・販売する
「3時のかんぶつ屋さん」です。






代表の野田さん(中央)は、実は、昭和24年創業の乾物をはじめとする食品卸売問屋「野田商店」の3代目。プロのパティシエであるお姉さま(左)と、野田さんのおくさまが腕をふるい、アイデアいっぱい、栄養いっぱいのおいしい乾物スイーツを作ります。



乾物の入り具合というと…

ふわっふわのシフォンケーキには、ひじきが。生地にもひじきペーストが練りこまれているのです。※プレーンもあり

ごまのプリンは、白ごまと黒ごまがあります。今人気のふわとろタイプicon01

そしてワカメだって、パウンドケーキに、こんなにたっぷり。

いずれも、しっかり素材の味を生かしておいしいスイーツに仕上がっているから、
子どもたちも、自然と乾物の味に慣れてくれるというわけです。






野田商店の倉庫の一部を改装して作ったキッチン。
↑ひじき、山盛りik_20乾物屋さんなので、素材は惜しみなく。









日本の伝統食材「かんぶつ」の良さを再認識してもらいたい…と熱い思いを持つ野田さんは、全国でもまだあまり人数のいない「かんぶつマエストロ」の最上級の資格の持ち主なんです。

かんぶっちゃん
メインキャラクターもいるんです。
運営パートナーの松本氏(写真左)と一緒に、いろいろな企画を考案、乾物スイーツを盛り上げていきます。


ところで、この乾物スイーツ、いったいどこで買えるの??
今のところは、周辺の高齢者施設や保育所への納品と、口コミでの受注生産、そのほかマーケットイベントなどに出品するのみ。
ですがicon14
キッチンと一緒にショップスペースも用意されていて、あとはオープン待ち!







おっしゃれ~なカフェみたいik_83








早くオープンしてほしいと願う人は多いのですが、「本業の食品卸をしながらなので…」と野田さん。
でもでも、
11月23日にニュース和歌山に紹介記事が掲載されるとのこと、それに合わせて、少しずつショップ運営がスタートしそうです。

楽しみicon01


                           そして


こちら、60年の歴史を感じる看板。
すぐ隣に設置されたイマ風のショップとのギャップがよいですface02




3時のかんぶつ屋さん(野田商店)
TEL073-482-3423 FAX073-482-1144
海南市藤白189-1





Posted by わかやまNPOセンター at 14:07│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。