2011年08月26日

天野の里では、今年もそば作りが始まりました




先日紹介した農産物直売所「ようよって」のある、天野の里。
そば作りを始めて4年目、今年も8/20に、種まきが行われました。



地元の方と、天野ファンであるサポーターの方たちも大阪などから参加して、仲よく作業は進みます。





                       こちらはIターンで、6月に移住してきたばかりのご家族。
                       かわいい向生子(むうこ)ちゃん、天野を満喫して育つんだねicon01




さて、今、天野地区では、ブルーベリーがおすすめ。
大きな粒であま~い!フレッシュ!
1パック買って、その場でそのままパクパク食べてしまいましたface05






売っているのは、こちら、農産物直売所の「ようよって」。
地元のおかあさんたちが迎えてくれます。

face01天野の里 産直物産販売所 ようよって
伊都郡かつらぎ町大字上天野786
土曜・日曜・祝日 10:00~16:30






さて、この日種をまいたそばは10月~11月にはもう、収穫・脱穀へ。
イベントもあるので参加しませんかik_20
地元の方はみんな温かくてik_83初めて訪れても
久しぶりに会う親戚みたいな??年に1組ペースで移住してくる人がいるというのもうなずけます。

これからは、おいしいおいしい天野米の新米も出る頃、ぜひ天野に出かけてみてください。

ik_48収穫祭とウォーキングイベント 10/29(土)9:30~ <雨天順延>
ik_48手打ちそば体験& そば遊び・食味イベント 12/11(日)9:30受付 10:00~14:00 
  参加費/大人 1,500円(会員・天野区民 1,000円) 小学生以下500円(天野小学生は無料) 
  ※先着70名
  ※但し、手打ちそば体験を希望する人は 別途1,500円※先着15名  
  申込/郵 送 〒649-7142 和歌山県伊都郡かつらぎ町下天野1072 谷口 千明
  FAX 0736-26-0172
  申込期間/11/1(火)~12/6(火)必着
face01問/0736-26-0055 天野の里づくりの会
http://www.katuragi.or.jp/amano_satodukuri/index.htm
    

Posted by わかやまNPOセンター at 17:08Comments(0)

2011年08月18日

九度山町農林総合研修センター さえもん




日本一の品質を誇る九度山の富有柿。
そのおいしさをそのまま伝えようと、九度山町柿加工グループが
試作に試作を重ねて出来上がった手作りジャムがこちらik_20
ふくよかな富有柿を贅沢に使ったジャムは、栄養もたっぷり。
毎日の食卓に用意したいけど…いったいどこで売ってるの??

さあ、今週末は、九度山に出かけましょik_34




九度山町って、みなさん行ったことがありますか?
まずは柿が有名ですが、歴史、自然、いろんな魅力にあふれる町なんです。

世界遺産に登録される慈尊院。高野山の表玄関として、この慈尊院から大門まで、参詣道である町石道が続きます。
かつて高野山は女人禁制で、弘法大師のもとに行けなかった女性がここで暮らしたため
女人高野とも呼ばれます。











 静かにやさしい風情で佇む慈尊院。子授け、良縁などを願って多くの女性が訪れます。


  





また今、人気ゲーム戦国BASARAでもイケメンキャラとしておなじみのicon06、あの真田幸村ゆかりの観光スポットも…
関ヶ原の戦いに敗れた真田幸村が、父とともに隠れ住んだという屋敷跡に建つ寺院「真田庵」です。

←「真田庵」。境内には「真田宝物資料館」が。入館料/200円 8:00~17:00

隣接して、おいしい手打ちそばのお店もあります。→



ちなみに幸村グッズもいろいろik_20
特に注目は、ペットボトルに幸村のかわいいイラストがいっぱいついた「幸村茶」。
今、なんと関東で人気が出ていて製造がおいつかない勢いだとか…。
麦茶ベースに柿の葉のお茶をブレンドしたコクのある味わいです。

←和歌山でもブレークなるか?!





歴史探訪も楽しみつつ、山に向かえば…。関西屈指の景勝地「玉川峡」で、川遊びや釣り、キャンプなどアウトドアを満喫icon01
いろんな魅力にあふれたまちなんです→ http://www.town.kudoyama.wakayama.jp/



九度山の駅周辺から、川沿いの木々に囲まれた道をドライブ。



こちらが、九度山町農林総合研修センター「さえもん」。奇岩と清流が織りなす景勝地「玉川峡」を望むレストハウスです。すぐ裏の河原は、川遊びを楽しむ家族連れでにぎわいます。



さえもんの駐車場広場から直接川へ。いい季節には、川景色を見ながらベンチでまったりもおすすめ。







ik_83じゃあ~んik_23柿ソフト200円!これは、ここでしか味わえません
甘さ控えめさっぱり柿味。ぜひ一度お試しあれ。


柿ジャム、ここに売っていますよ!柿ジャムと柿とハッサクのジャム。どちらも実の食感をぜいたくに生かした食べごたえのあるジャム。パンにつけたり、ヨーグルトにいれたり…。
各520円ik_48




              果肉たっぷり、無添加手作り、カップ入りの
              柿アイス300円。
              おいしい柿を使っているから、アイスクリー
              ムの味わいもスペシャル!






地元の主婦たちが活動する九度山柿加工グループの代表、
前田さん。
大阪出身の前田さんは、九度山の柿のおいしさに感動。
「何かできないか」と柿のアイスクリームとジャム作りを始め
たのだとか。何年もかけて試作を重ねて出来上がった、
完成度の高いアイテムなのです。



さえもんのほか、こちらでも柿のジャムを買えます

face01ふるさと産品直売所 TEL 0736-54-4747URL:http://kaki-kudoyama.com/

face01やっちょん広場 TEL 0736-33-2500


九度山町農林総合研修センター さえもん
0736-54-3800
伊都郡九度山町丹生川246-1
9:00~17:00 ※夏期は~18:00
11月の平日、12月~3月休み

  

Posted by わかやまNPOセンター at 18:35Comments(0)

2011年08月04日

天野の里 産直物産販売所 ようよって




かくれ里…という言葉がぴったり。
高野山のふもと、周囲を山に囲まれた田園地帯、天野。
この天野で採れた農産物を直売するお店が「ようよって」です。
地域の農家が朝早く持ってくる野菜は新鮮そのもの!
秋になれば、天野米を求めて遠方からのお客さんでにぎわいます。









icon14みごとなトマト~face05

      これを見ただけでも買いにいきたくなるでしょ?icon16
      大きくてずっしり重くて、水に沈むくらい実がしまっていて、甘味酸味のバランスが最高!
      カタチもきれいで、天野のトマトをお中元にする人も多いのだとか。




ほかに志賀地区と並んで評判のきゅうりや、かぼちゃ、なす、ピーマン、インゲン、春は山菜や葉物、穀物類…標高450mの天野の高原野菜は、昼夜の温度差で味わい抜群!
平飼いでていねいに育てられた鶏の健康卵も見逃せませんik_20


「ここの野菜は、ほんっとおいしいです」と常連さん。




秋になれば、全国的に有名な「天野米」が並び、遠方からもたくさんお客さんが。
古くから高野山に献上していたという歴史あるお米です。
でももうこの時期には、米粉というかたちでしかお目にかかれませんでしたface02
野菜やお米のほかにも、ブルーベリー、菊、バラ、草餅、黒豆などが好評。
また、地元の陶芸作家さんのすてきな作品も…





世界遺産に登録されている丹生都比売神社をはじめ、空海にまつわる史跡なども数多く、散策にも最適。
町石道の六本杉や二ツ鳥居をめぐるコースなどウォーキングを楽しめます。

高野山が女人禁制だったため、いつか会える日を夢見て天野に身を置いた女性も多く、悲恋を物語る史跡も…。







木漏れ日が涼しげで心地よい丹生都比売神社。
朱色の太鼓橋を渡って境内へ、凛とした空気が漂います





にほんの里100選に選ばれている、天野の里風景。癒しの空気に心がじんわりik_48










ほんとにすてきな里山。
ぜひぜひ訪れてほしいです!
http://www.katsuragi-kanko.jp







天野の里 産直物産販売所 ようよって

0736-26-0360
伊都郡かつらぎ町大字上天野786
土曜・日曜・祝日 10:00~16:30

  

Posted by わかやまNPOセンター at 11:08Comments(1)

2011年08月01日

志賀ふれあいの里「志賀ありがとうの店」




和歌山市内や大阪からも常連さんが訪れる農産物の直売所。
地域のおじいちゃんおばあちゃんが「ありがとう」の気持ちで迎えてくれるあったかい場所なんです。
採れ立ての季節の野菜が、ほんとにお安く買えて、こちらこそ「ありがとう」icon01
併設する加工所で作られるものや、農家の家庭で作られる加工品も好評!






高野山に続く国道480号線沿い、先のトンネルを超えたら、もう高野町というロケーション。
すぐそばを流れる真国川の清流にはホタルが舞い、毎年多くの人が観賞に。










これが志賀のきゅうりface05






高野山に近い標高400メートル志賀地区。朝夕の温度差が、おいしい野菜を生みます。
中でも「志賀のきゅうり」は、身がやわらかくて味が抜群と、遠方にもファンが多いのですicon14
夏野菜が豊富に並びますが、取材時、平日にもかかわらず昼すぎにはもう棚はさみしくなっていました…




枝豆がこんなにふっくら、枝付きでなんと100円!
ふきも7月の今もまだまだ元気です。

 

 
季節ごとにおいしい野菜がいっぱい、特に春はえんどう豆、冬は白菜が甘いと人気。

もともと林業が主だった地域らしく、大きくて肉厚な菌床しいたけも名物。



こちらのお店は、地域のお年寄りの生きがいづくりという意味を持ってスタートした直売所。現在は2代目にも引き継ぎつつ、約20軒の農家が参加しています。



新鮮な野菜はもちろん、添加物なしの手作り味噌、よもぎもち、こんにゃく、黒豆餅、ふきのつくだに、きゅうり漬け、福神漬け、金山寺みそ…といった加工品も多彩です。


お店には加工所も併設していて、山菜料理の講習会などイベントも開催していますicon01

←緑あざやかな高野槇。ほかにも、びしゃこ、しきみ、さかきなど神仏の植物も特産です。








「大阪からです。初めてここに立ち寄りました。
どれもほんとにおいしそう」

これから家族でたまゆらの里に
遊びにいくのだとか。





                      「野菜だ~い好き」和歌山市から
                      おじいちゃんおばあちゃんと来た、
                      ちひろちゃん、ゆずはちゃん。

    
         「産直市場をよくめぐるんですが、ここはゆっくりできて」
         とおばあちゃん。お茶を飲んでくつろぎます。









出店する農家が交代でお店番。
本日のスタッフ、
右から中東さん、茶谷さん、そして橋本から常連のお客様。
「店の裏に新しいトンネルが開通して道がよくなります。人口は減っていくけれど、遠くからお客さん来てくれるから続けていかんと」
と中東さん。









              
              同じ敷地内には「ふれあい会館」がicon14
              
              
              なんと椿温泉のお湯を使ったお風呂が。
              ゆったりゆったりしていくのはいかが?
              icon01入浴料金/大人600円 小人400円 
              宿泊施設もあり



icon01おいしい野菜と、楽しいお店の人たちと、元気をもらえる「ありがとうの店」です!



賀ふれあいの里「志賀ありがとうの店」
TEL 0736-26-0464

伊都郡かつらぎ町志賀1348-2
毎週土曜・日曜日 9:00~16:00  

Posted by わかやまNPOセンター at 18:47Comments(0)