2011年11月24日

シュフ・シェフ@ホッピング


11月16日のこと…
海南市のコミュニティ・レストラン「シュフ・シェフ」さんが、
おしゃべり広場「ホッピング」さんで、ランチを開催icon28

とってもおいしいくてヘルシーで手間のかかる料理icon01
こんなのなかなか家でできないよ~






十六穀米をはじめ、お豆腐や高野豆腐のナゲットや、豆乳スープ、バルサミコ炒めのきのこなど
お肉や卵を使わない、ヘルシーメニューでした。

ふわとろの豆乳プリンwith黒蜜きなこもセットで。

ドリンクは、ホッピングさんの名物ジンジャージュースをHOTでオーダーしましたik_21

そして、イベントなどで大人気のRcafeさんの手作りパンの販売も。完売でした~ik_22





店内はいっぱいのママさん&子どもちゃんたち。みんな満足そうにランチ楽しんでます。

厨房では、シュフシェフさんが大奮闘icon14






いろんなつながりで、いろんな取り組みが、楽しみが増えるといいですね~ik_48

ik_20ホッピング http://hoppingmama.com/
ik_20シュフシェフ http://syufuchef.ikora.tv/  

Posted by わかやまNPOセンター at 13:40Comments(6)

2011年11月24日

柿娘グループ~大収穫祭IN九度山





11月12日、九度山町で開催された「第5回大収穫祭IN九度山」。
町の名産、おいしいおいしい富有柿やその加工品が
と~ってもお得に手に入るとあって、他府県ナンバーの車もずらり、
会場は大賑わい!







九度山といえば、甘~い富有柿!肥沃な土壌と温暖な気候に恵まれた環境で、生産者により丁寧に育まれた果実。
そんな柿の名産地ならではの加工品を、これまた丁寧に手作りしているグループがあります。柿娘(かきっこ)グループもそんな中のひとつ。



まずは、柿娘グループの自慢のおいしさを画像で紹介。イチオシはこちら、柿しろっぷicon12







見て、この深い輝きik_83
なんと2キロの柿から100cc しか取れないんだって。贅沢な味わい~。メープルシロップやはちみつみたいに、パンやホットケーキにつけたり、もちろんお菓子作りやお料理にも…。まろやかな甘味と柿らしい風味が特徴です。




そして、そして…何だと思いますか?富有柿の粕漬け、なんです。
いわゆる、瓜などがよくつかわれる奈良漬けですが、柿っ娘のは、素材はもちろん柿icon23



まだ実が青いうちから収穫して、粕に2度漬け、半年かけて出来上がる、これまた手間ひまかけてできる一品。
富有柿特有の甘さと、柿渋の独特の風味が粕漬けにぴったり!シャリシャリした食感もGOOD。ご飯が進むし、お酒のアテにも最高でしょ~ik_10






3つめは、柿みかんジャム。柿の実がしっかり…フレッシュなフルーツソースのようなジャム、ヨーグルトとの相性も抜群!




 ik_48柿しろっぷ 500円 ik_48柿の粕漬け 420円 ik_48柿みかんジャム 300円




元気いっぱいの柿娘さんたち








この日の収穫祭にも出店。柿農家のおかあさんたち8人で、
普段は九度山町内の慈尊院近くなど2か所の加工所を拠点に活動されています。
写真の右から2人目が、代表の玉置さん。





周辺の山は柿一色。この時期は富有柿の全盛期です。
小さな町だけど、世界遺産の慈尊院や、戦国武将、真田幸村のゆかりの地であったり、豊かな自然も魅力!ゆるキャラだって…こちら、真田氏発祥の地、長野県上田市からのお客様icon01

雰囲気のいい南海九度山駅→
高野山に向かって
終点、極楽橋までぐいんと
電車が登っていきます。

ゆきたん↓六文銭ついてるよ。













そしてやっぱりコレでしょう。
なぜか踊るik_40
クドヤマン







柿娘(かきっこ)グループ
TEL0736-54-2396

伊都郡九度山町九度山
ik_20柿娘さんの商品は、ふるさと産品直売所、やっちょん広場、よってって高野口店などで購入できます。




  

Posted by わかやまNPOセンター at 12:47Comments(0)

2011年11月09日

3時のかんぶつ屋さん





おやつの時間ですよ~ik_07
ひじきのシフォンケーキ、わかめのパウンドケーキ、高野豆腐のかりんとう、きなこのサブレ。
ん…スイーツ??
太陽の恵みがたっぷりつまった栄養満点の乾物を、
もっと子どもたちやお年寄りにも食べてもらいたい!
と立ち上がったのが、乾物スイーツを企画製造・販売する
「3時のかんぶつ屋さん」です。






代表の野田さん(中央)は、実は、昭和24年創業の乾物をはじめとする食品卸売問屋「野田商店」の3代目。プロのパティシエであるお姉さま(左)と、野田さんのおくさまが腕をふるい、アイデアいっぱい、栄養いっぱいのおいしい乾物スイーツを作ります。



乾物の入り具合というと…

ふわっふわのシフォンケーキには、ひじきが。生地にもひじきペーストが練りこまれているのです。※プレーンもあり

ごまのプリンは、白ごまと黒ごまがあります。今人気のふわとろタイプicon01

そしてワカメだって、パウンドケーキに、こんなにたっぷり。

いずれも、しっかり素材の味を生かしておいしいスイーツに仕上がっているから、
子どもたちも、自然と乾物の味に慣れてくれるというわけです。






野田商店の倉庫の一部を改装して作ったキッチン。
↑ひじき、山盛りik_20乾物屋さんなので、素材は惜しみなく。









日本の伝統食材「かんぶつ」の良さを再認識してもらいたい…と熱い思いを持つ野田さんは、全国でもまだあまり人数のいない「かんぶつマエストロ」の最上級の資格の持ち主なんです。

かんぶっちゃん
メインキャラクターもいるんです。
運営パートナーの松本氏(写真左)と一緒に、いろいろな企画を考案、乾物スイーツを盛り上げていきます。


ところで、この乾物スイーツ、いったいどこで買えるの??
今のところは、周辺の高齢者施設や保育所への納品と、口コミでの受注生産、そのほかマーケットイベントなどに出品するのみ。
ですがicon14
キッチンと一緒にショップスペースも用意されていて、あとはオープン待ち!







おっしゃれ~なカフェみたいik_83








早くオープンしてほしいと願う人は多いのですが、「本業の食品卸をしながらなので…」と野田さん。
でもでも、
11月23日にニュース和歌山に紹介記事が掲載されるとのこと、それに合わせて、少しずつショップ運営がスタートしそうです。

楽しみicon01


                           そして


こちら、60年の歴史を感じる看板。
すぐ隣に設置されたイマ風のショップとのギャップがよいですface02




3時のかんぶつ屋さん(野田商店)
TEL073-482-3423 FAX073-482-1144
海南市藤白189-1



  

Posted by わかやまNPOセンター at 14:07Comments(0)

2011年11月09日

山東まちづくり会




のんびり、のどかに案山子の立つ田んぼの風景…
懐かしい感じにきゅ~んik_83な里の風景、ここは和歌山市内です。
山東地区。和歌山電鉄貴志川線に乗って、
たま駅長のいる貴志駅に着く少し前。
まずは「いだきそ」駅で下車してみませんか。





は~る色の汽車にの~って♪♪

いちご電車に乗ると思わず口づさんでしまうのは
そんな世代の人だから?ik_40

でもテンションicon14だよねっ。






田園風景の広がる貴志川線。
古くから日前宮、竈山神社、
伊太祁曽神社の三社参りを
する人や、今では、
貴志駅の人気者、たま駅長に
会いにいく観光客で
にぎわいます。




伊太祁曽駅の窓口でレンタサイクルを調達。
な~んと、4時間たったの100円!しかもごらんの通り、
赤い自転車*前カゴには、たま駅長のイラストつきicon06






まずは伊太祁曽神社へ。
旧称山東宮、木の神をお祀りする神社で、「いのち神」「厄除け・病気平癒の神」としての信仰も古くからあります。
大きな鳥居をくぐり、赤い太鼓橋を渡ると、本殿が。
緑に囲まれた境内は、厳かな雰囲気に包まれています。
http://itakiso-jinja.net/index.php

神社からはトレッキングコースもあり、展望が広がる心地よいスポットも。






そして、四季の郷公園までサイクリング~ik_48


楽しそうな遊具がいっぱいある多目的広場。この日は火曜日で、四季の郷公園の農産物直売所などはお休みだったにもかかわらず、子どもたちとママさんたちがたくさん集っていましたik_20

                                           
そんな中で、年配の方たちの憩いの姿も…ほのぼの、地元の人たちに愛されてる公園ですね。


こんな素敵な山東エリアを、もっとたくさんの人に知ってもらいたい、来てもらいたい、と、四季の郷公園を拠点に、地域づくりに取り組んでいるのが「山東まちづくり会」です。



春には、たけのこ祭りでクラフトフェアを開催したり、秋には、どどんと収穫祭でジビエのバーベキューをしたり、
四季の郷公園までの沿道に、一般募集した案山子を展示したり、地元の小学生たちと農業体験をしたり…

←地域の草刈もします!
左端が事務局長の吉田さん、隣が会長の湯川さん。
  





子どもたちの笑顔があふれる楽しい催しがいっぱいでした~2011のイベントより



さて写真の中で、ちょろちょろ登場している、
ちょっとあやしいface02このキャラの正体は…






たけのこの名産地、山東ならではの、その名も「たけのこまん」
ツイッターだって、やってるよ!
http://twitter.com/#!/takenokoman310

地元のイベントに登場するのはもちろん、ゆるキャライベントに出張参加したり、メンズノンノや週刊文春なんかでも紹介されちゃってるんですよik_72

そして缶バッジなどもできて、ひそかに?大人気!
しかし、リアルたけのこまんのバッジって…どうよ?ik_40





こんな感じでますます盛り上がっていきそうな山東地区へ、出かけてみませんか?



山東まちづくり会
TEL090-5159-1235
(事務局)
和歌山市木枕
http://sando.kinokuni-web.net/





  

Posted by わかやまNPOセンター at 11:51Comments(0)

2011年11月01日

紀州マルイチ農園




icon14icon14
ほくほくの身がたっぷりの甘い栗、たまらん…
紀美野町の、釜滝薬師金剛寺のさらに奥の地にある農園で
13品種、300本の栗の木をはじめ、主に南高梅や赤土いもなどを栽培。
栗農園ならではの贅沢素材で作られる
ジャムやアイスクリームも絶品ですik_83









栗のジャムって、みなさん、食べたことありますか?
栗きんとん、とはちがう。
洋菓子に使うマロンペーストに近い?
ラム酒がきいていて、まろやかで、
甘すぎない大人の味…ik_20
生クリームと一緒にパンケーキにつけて食べたいなっ。






こちら、梅ジャム。
お口の中で、きゅっとface02
梅らしい風味が楽しめるんです。







栗三昧!
アイスクリームは、渋皮入りバージョンも~





←ここにホラ、渋皮が。





もちろん、生栗も産地直送で。
南高梅、柿、しいたけ、春は山菜…
そして大好評なのが、ミネラルたっぷりの肥沃な赤土で育ったじゃがいも。
なんと、ポテトチップスなんかも試作中icon01


いろんなアイデアで農園を盛り上げ、加工品も作って…という
パワフルな女性が、マルイチ農園の北さんです。
紀美野町まちづくり推進協議会の副代表や
「野菜ソムリエ コミュニティ 和歌山」の代表もつとめておられます。












マルイチ農園の事務所&加工所は、もとJAバンクの建物。
その裏の、旧街道に面してあったのが…
この、いい雰囲気の蔵!
周辺の山や田園の風景にとけこむ、美しい建物。
ここで何かが始まるのを…待っている人は少なくないはずface02


そんな北さん家の加工品が買えるのは
ik_48紀美野町のかみふれあい公園 直売所 073-489-5300
ik_48よってって貴志川店 0736-65-2533 http://www.yottette.jp/tenpo/tenpo.htm



そして、地元のイベントやマーケットにも出店!

11月5日・6日  世界民俗祭in真国

りら創造芸術高等専修学校を会場に開催されるこのイベントで、紀州マルイチ農園の味わいに出会えますicon01



紀州マルイチ農園
TEL 073-489-5601
 FAX 073-489-6601
海草郡紀美野町西野636-3
http://blog.goo.ne.jp/maruichifarm


  

Posted by わかやまNPOセンター at 17:47Comments(0)