2011年09月26日

どんどん広場 きび生研グループ





みかん!まるごと、みかん!
柑橘系のジャムっていろいろあるけれど、温州みかんのジャムって
なかなかお目にかかれないよねface08
さすが、みかんの産地の加工品。
保存料や添加物を使わない、安心安全な地元農産物を使った
ジャムやケーキ、味噌、よもぎ餅、お弁当などなど。
農産物直売所どんどん広場併設の加工場で
ていねいに手作りされています。


なんたって、みかん、そのもの

いろんなジャムの中でも注目は「みかんジャム」、たっぷり300g入って470円。

ほんとに温州みかんをまるごと、薄皮もそのままミキサーにかけて作るので、繊維も豊富。
ちょっと緩めなので、フルーツソースとして多彩に楽しめます。

作っているのは、きび生研グループ、正確には、
「有田川町生活研究グループ吉備支部」
みかん農家のおかあさんたちが中心の加工グループです。
メンバーの自家農園のものを使うからこそ、実現できる価格です。


金山寺味噌icon01米、麦たっぷり、食べごたえあるぞ~!






こうじ味噌もあります









すももジャム、ネーブルジャム、不知火(凸ポン)ジャム…
その他いちごジャムなどいろんな果実ジャムが勢ぞろい。
各300g 470円 ※ブルーベリーのみ150g 450円









                                 ふわっふわのシフォンケーキは、
                                 生地にオレンジが練りこまれています。
                                 1カット130円。
                                 みかんのパウンドケーキやクッキーなども。





梅味噌 300g680円。
地元産の青梅を味噌と一緒にクツクツと炊くんだって!
あえものやこんにゃく、ごはんのお供に、
一度ご賞味あれik_83

広くて設備充実の加工所は、売り場直結。

商品づくりのほか、小学校で地元特産物を使った料理を教えたり、
成人病予防のための料理講習会、
地域の伝承料理の講習会も開催。

いろんな出会いがあって楽しい、と代表の宮地さん。



   土日祝には、宮地さんのお手製よもぎ餅をはじめ、ちらしずし、炊き込みごはんなども登場。
   ドライブ日和には、有田川町のファーマーズマーケットどんどん広場にでかけてみてicon01




有田地域名産といえば、みかん。柑橘類を中心に季節の果実や野菜、花卉も豊富に揃い、遠方からもたくさんのお客さんが訪れます。有田インターから、金屋方面に走ればすぐ、というアクセスの良さも魅力です。




周辺お立ち寄りスポットicon01

えっ、これが図書館?! 心地よい風景が広がるオープンテラス、カフェのある読書エリア、3万冊のコミックが読めるマンガ館やクラシックカーを展示したミニ博物館など、楽しさいっぱい。こちらのカフェで、吉備グループさんのシフォンケーキもいただけます。

地域交流センター ALEC(アレック) TEL0737-52‐4730
http://www.town.aridagawa.lg.jp/alec/top0.html 


      
      

      D51の車両が入り口で迎えてくれる鉄道公園。廃線
      になった有田鉄道の金屋口駅と付近の路線の一部を
      保存。有田鉄道の実際の車両に乗車体験も。
      来年公開の映画A「ALWAYS三丁目の夕日'64」の
      ロケに使われたそうface08

 有田川町鉄道公園 http://www.town.aridagawa.lg.jp/kihahaimo/kihahaimo.htm 



吉備グループの商品はここでも買えます!

ik_48ファーマーズマーケット ありだっこ TEL 0737-53-1311
http://www.ja-chokubaijo.jp/5000001/

        
           

             
             
             ik_48JR藤並駅 東口1F 有田川町観光案内所
             TEL 0737-52-7345 営/8:30~18:00

             きれいに生まれ変わっている駅舎の1階に、
             観光案内&特産物販売所が。
             「お土産探しに、気軽に立ち寄ってください」



どんどん広場 
TEL 0737-52-6661
有田川町庄1003-2
9:00~18:00  

Posted by わかやまNPOセンター at 16:48Comments(2)

2011年09月26日

かつらぎ町 果夢果夢バザール





桃の時期に、ここ「果夢果夢バザール」にずらっと並ぶ、かつらぎ町の桃。
ふっくら大きな玉、色味も糖度も抜群のこんな桃が、1ダースほど入った箱が
なんと1500円とか、1600円とか!毎年、大勢の人がつめかけるのもうなずけます。
しかもik_20こちらでは、農園で桃の実もぎとり体験ができるとあって、
毎年シーズンには観光バスでファンが訪れます。

残念ながら今は季節はずれで直売所はクローズ。
来年は、絶対、買いに走りたい~icon14



そんな桃の産地のかつらぎ町河南地区。直売は桃の季節(6月下旬~8月中旬頃)のみですが、果夢果夢バザールのメンバーによる、地元農産物を使ったジャムやアイスクリーム、味噌、ケーキなどの製造販売は年中行われています。



桃のジャムをはじめ、柿、いちご、、柚子など、季節のフルーツジャムも好評。
ジャムは各150g 400円 ※ブルーベリーのみ500円



こちらは、旬のイチジクを使ったジャム。
つぶつぶがしっかり、パンやヨーグルトと一緒にいただきましょう。

人気商品、アイスクリームは桃、黒豆、紫芋、ごま、いちごの5種類、各210円。

←特産物で加工品を、と最初に桃アイスが誕生ik_83


柿ケーキは、テレビで紹介されたことも!製造が追いつかないほどの売れ行きだったとか。

クルミ入りで食べごたえたっぷりicon01
550円

金山寺味噌250g 400円、ほか、味噌、餅、こんにゃく、蒸しパン、柿パン、炊き込みご飯、ちらし寿司などを製造販売。




「大手の流通にのらなくてもコンスタントに作り続けられたら」と、代表の坂中さん(右)と三木さん。
地域の保育所にパンを納品したり、加工体験や出前授業など、子どもたちに地元の特産品を知ってもらおうと食育活動も。









果夢果夢バザールの直売所は、紀ノ川の南側、九度山町まで続く道沿いにあります。桃や柿のもぎとり体験の時期以外は直売はしていないので、加工品を購入できるのは、こちらになります↓



ik_48道の駅「紀の川万葉の里」
TEL0736-22-0055

国道24号線沿いの道の駅。かつらぎ町の特産品がずらり。紀ノ川を見渡す芝生エリアなど、とっても気持ちのいい場所です。

ほかには

ik_48やっちょん広場 TEL0736-33-2500 http://www.ja-kihokukawakami.or.jp/product/index.html

ik_48ファーマーズマーケットふうの丘 TEL0736-75-3173 

ik_48よってって高野口店 TEL0736-43-2200 
http://www.yottette.jp/index.htm

アイスクリームは岩出の緑化センターでも販売。その他、イベントなどで販売。



河南地区農産物加工販売組合 果夢果夢バザール
TEL 0736-22-8993

伊都郡かつらぎ町寺尾54-61
桃狩り 6月下旬~8月中旬
柿・みかん狩り 10月下旬~12月※要問い合わせ


  

Posted by わかやまNPOセンター at 15:12Comments(0)

2011年09月22日

青洲の里 ふるさと物産四季グループ




こんにゃく、味噌、季節のフルーツジャムを3本柱に、
紀の川梅干し、ゆずみそ、大根の柚子漬けや奈良漬け、
イベント出店では、ぼろそ餅という郷土料理など
地元の食材を使って手作りする、おかあさんたち。
青洲の里に隣接する加工販売所では、「手作り体験」を通して
ふるさとの味、手作りの大切さを伝えてくれます。


できたての、あつあつこんにゃくの、おいしいこと!



これが、できたて!


生芋からていねいに手作りするこんにゃくが、こんなにおいしいもんだって、まだ知らない人も多いのでは?

四季グループが毎日作るこんにゃくは、プレーン、唐辛子、青のり、ひじき、ゴマの5種類で、1丁200円です。
素朴でやさしい味わいは、大量生産されるスーパーで買うこんにゃくとは、まったく別モノik_20
食卓のメインにしたいくらい~。




ぜひできたてを食べてみたい!と、「こんにゃく作り」にチャレンジicon01 
                       ※手作り体験は、味噌、ジャムもあります。詳しくはHPで

←①こんにゃく芋!そろそろ新モノがでますが、これは昨年の芋を冷凍したもの。

②皮を剥いて切った芋を柔らかく煮ます。※実際の体験は、ここからスタート。→

←③柔らかくなった芋をお湯と一緒にミキサーにかけて、ボールに移して30分置きます。


④無水炭酸ナトリウムをお湯でといて入れ、よく混ぜます。→

←⑤ここが楽しい!丸める作業、ハート型やら星形やら、好きな形にする人も…

⑥大きな鍋にたっぷりお湯を沸かして、丸めたこんにゃくを茹で上げます。→



できたこんにゃくを、柚子味噌で試食。ぷるるん~おいしik_83
きなこと砂糖であべかわみたいな食べ方もおすすめだって。








左から、上山さん、代表の衣笠さん、藪下さん。現在5名で活動する四季グループさん。
学校や子ども会など、手作り体験は食育の場としても注目されています。



季節の果実ジャムも豊富。最初は、地元で採れる「はっさく」を有効利用したいということでジャムづくりが始まったのだとか。
昨年は、イチジクと紀の川梅干しとのコラボジャム、「うめじくジャム」も登場しました。

これがルーツの、はっさくジャム。皮までたっぷり、
ほどよい苦味が、はっさく好きにはたまりませんicon14







地元産の黒豆を使用した人気のお味噌。はちみつで甘口に仕上げた金山寺味噌350g525円、米味噌400g400円。
右は柚子味噌。こんにゃくのおともに必須!




小高い場所にある青洲の里は、眺めも抜群。江戸時代の外科医、華岡青洲の偉業をたたえる資料館や、野菜たっぷりのランチバイキングなどもある観光スポット。
http://seishu.sakura.ne.jp/



青洲の里の駐車場に農産物販売所がありますが、四季グループの加工販売所は、その手前の敷地にあります。ぜひ立ち寄ってみてください。


四季グループの商品はここで買えます!


icon01青洲の里 製造直売所 090-3896-3870(代表 衣笠)

icon01めっけもん広場 0736-78-3715 
http://www.ja-kinosato.or.jp/01_mekkemon/top.html

icon01JA粉河ふれあい市場 0736-73-8587

icon01観光特産センターこかわ 0736-73-8500



青洲の里 ふるさと物産 四季グループ
TEL 0736-75-6008(青洲の里)
090-3896-3870(四季グループ代表)
紀の川市西野山473(青洲の里内)
火曜休 ※体験・買い物は事前に連絡
http://www.kanko-kinokawa.jp/member/3870/


  

Posted by わかやまNPOセンター at 16:17Comments(0)

2011年09月20日

田舎cafe かんじゃ




さんしょ…って?
うなぎにかけたりするやつ?七味に入ってたりするやつ?
そうです、あの山椒が、パスタに、ジャムに、パウンドケーキにik_20
日本一の山椒の里、清水にある山椒農園さんが、
いろんな味わい方を提案してくれる、週末だけオープンする田舎のカフェ。
山の空気をたっぷり味わいながら、山椒のメニュー召し上がれik_83


                                                                                                                                                              



清流に育まれた美しい自然がいっぱい残る地域、清水。
有田インターからなら、有田川沿い国道424号線を、山に向かって約1時間で到着。

清涼な空気の中、快適にドライブ。キャンプ場や温泉だってあります。
http://www.shimizu-onsen.ne.jp/



なんといっても、清水のシンボルといえば、この「あらぎ島」。島のように陸地に浮かぶ扇状の棚田は、四季折々に美しい表情を見せ、古き良き日本の原風景として、多くの人を魅了しています。





かんじゃ山椒園+田舎カフェは、このあらぎ島のすぐ近くに。あらぎ島を展望する道路のふもとに「かんじゃ」の看板が出ています。山椒の木を見ながら道を進むと、左手の少し小高い位置に、農家が見えますよ。



ほっと安らぐ、おうちカフェ。
窓いっぱいに景色が広がる大きなテーブル席、気候のいい日は、ぜひテラスへ。緑を満喫しながら、ランチやカフェの時間を…icon28














迎えてくれる
永岡夫妻は米と山椒を作る地元の農家さん。清水の良さ、山椒のおいしさをもっと知ってほしいと、2年前に週末だけのカフェをオープンしました。
「田舎ののんびりした雰囲気や空気、時間をゆっくり楽しみに来てください」








こちら、山椒のペペロンチーノ。
セットのサラダのドレッシングも山椒いりのオリジナルで、デザートのヨーグルトには柑橘ピール入り…山の恵みいっぱいの幸せランチik_83




そしてこれ、おすすめ!
コクのあるレアチーズケーキに添えられた…
山椒のジャムface08
甘味の中にピリッとさわやか

伝えられない!おいしさ!!!








ik_48カフェメニューik_48

face01スープカレーセット 1000円
 山椒がぴりっときく!ライスは、自家の減農薬天日干米
face01かんじゃ風パスタセット 3種  
 ・ペペロンチーノ 1000円  ・ポモドーロ 1200円 ・ カルボナーラ 1300円
face01山椒ちりめんのピラフセット 1000円
                        ※すべてサラダとヨーグルト付

icon01季節のデザート 手作りレアチーズケーキ山椒シロップ添え 400円
icon01和栗のパイ 400円
icon01栗の渋皮煮 250円
icon01パウンドケーキ 柑橘ピールと山椒入り 350円

ik_21コーヒー 350円 ほか、かんじゃ風チャイ、ミントティー 蜜ジュースなど





店内の一角にショップ「山の食材工房」が。
山椒だけでなく、柑橘、栗など山の恵みの手作り食品が並びます。

山椒って、こんなにいろいろ楽しめるんです!



まずは、代表格、山椒の水煮。このふっくら大きな粒にびっくりface08
紀州清水の山椒は、「ぶどう山椒」といって、粒が大きく、ブドウの房のように、たわわに実るそう。

実山椒佃煮は、ピラフやイタリアンなどにも。
山椒味噌は、田楽やふろふき大根、マヨネーズとあえて野菜スティックのディップに。 
山椒ジャム…目からウロコのおいしさ! おろし山椒(ペースト)は、わさび感覚でお刺身や冷奴に、ドレッシングに。

その他、山椒のパウンドケーキや山椒コンフィ(山椒のシロップ煮)、栗の渋皮煮やペースト、有田産季節の柑橘マーマレードやフルーツソースも。

プレゼントに詰め合わせも→








左が乾燥山椒、右が粉山椒。鮮やかな緑が美しい~。
生の青い山椒の実は、収穫時期が初夏のわずか1週間くらいの間なのだとか。貴重ですね。


山椒の新しい魅力に出会いにいきましょう!
週末だけのオープンなので、出かける前に連絡を入れるのがおすすめです。



田舎cafe かんじゃ かんじゃ山椒園
TEL/FAX 0737-25-1315
有田川町宮川129
土日祝のみ営業 11:00~19:00
http://www.sansyou-en.com/


  

Posted by わかやまNPOセンター at 16:40Comments(0)

2011年09月20日

桃りゃんせ 夢工房





桃のコンフィチュール!

桃の実をそのままいただくような…
使っているのは、あの有名な「あら川の桃」。
まさに、素材そのものを楽しむためのジャムソースなんです。
大きな大きな桃1個から1.5個が、ぎゅっと瓶詰めされているという、贅沢さik_83
これはもう、即買いですよ~

どこに売ってるかって?どこで作ってるのかって?
はい、ご案内しますね。



紀の川市桃山町。無添加のジャムや金山寺味噌、お菓子、アイスクリームなどを
特産品の桃を使って手作り販売する「桃りゃんせ夢工房」。
メンバーのほとんどは、素材の持ち味を知りつくしている桃農家の主婦たちです。
だから、どれをとっても、桃がた~っぷり、いちばんおいしい状態で使われているんです。
                       
                                
                                
                                   
                                    

                                   ほら、見て!もう桃づくしっik_20


この桃の実のたっぷりさ……
すごいでしょ!その名も

「ごろっと桃パイ」 1個100円






 
  生地の中に、桃ピースが
  散りばめられてicon01
  しっとり、やさしいおいしさ

  桃のパウンドケーキ 450円

 














 フルーティな甘味が魅力。
 実もごろっとik_20
 
 
 


 桃入り金山寺味噌 
 350g 600円
 



←金山寺味噌 350g500円
 桃ちゃん味噌(田舎味噌) 
 500g400円

     →桃ジェラート 250円



おすすめface02右が、トップの画像の、桃のコンフィチュール 150g400円 
左は、梅と桃のコラボ!数量限定の新商品、うめ~桃ジャム 150g600円
このほか、季節の果実を使ったジャムや受注生産のみの桃上用饅頭も好評。





「あら川の桃」は、恵まれた気候風土の中、農家に大切に育てられる桃の高級ブランド。http://www15.ocn.ne.jp/~aramomo/
春になると、一面がほのかな桃色に染まり「桃源郷」と言われる一帯。
そんな桃畑を見下ろす高台に、桃源郷運動公園と、
桃りゃんせ夢工房が活動拠点としている「学習体験館」があります。
ここでは、おいしい商品が作られているほか、
自分で作ることができる「加工体験」も楽しめますicon01






高台で眺めも抜群。春は椿、桃、桜…秋は、紅葉、柿を鑑賞。




現在31名で活動している桃りゃんせ夢工房のメンバー。
写真は、左から瀬籐さん、代表の日浦さん、稲垣さん、中林さん。


「春はいろんな椿が見事に咲きます。3月から4月初めくらいの期間限定で、学習体験館にカフェをオープンするので、ぜひ来てください」

カフェではカレーが大好評。なんと!というか…もちろん?桃の実入りカレーですik_83

ジャム作り、味噌作り、桃染めなどの体験について詳しくはHPを
http://www.touryanse.com/




桃りゃんせ夢工房の商品はここで買えます!

face02学習体験館・直売ショップ TEL0736-66-3454

face02めっけもん広場 TEL0736-78-3715 http://www.ja-kinosato.or.jp/01_mekkemon/info.html

face02桃山町特産センター TEL0736-66-2384 http://www2.w-shokokai.or.jp/momoyama/bussan/center/center.html

face02貴志川観光物産センター TEL0736-64-8787







学習体験館 桃りゃんせ夢工房
TEL 0736-66-3454

紀の川市桃山町神田526-2

10:00~16:00
月曜休






                                                                                                                                            

Posted by わかやまNPOセンター at 14:43Comments(0)

2011年08月26日

天野の里では、今年もそば作りが始まりました




先日紹介した農産物直売所「ようよって」のある、天野の里。
そば作りを始めて4年目、今年も8/20に、種まきが行われました。



地元の方と、天野ファンであるサポーターの方たちも大阪などから参加して、仲よく作業は進みます。





                       こちらはIターンで、6月に移住してきたばかりのご家族。
                       かわいい向生子(むうこ)ちゃん、天野を満喫して育つんだねicon01




さて、今、天野地区では、ブルーベリーがおすすめ。
大きな粒であま~い!フレッシュ!
1パック買って、その場でそのままパクパク食べてしまいましたface05






売っているのは、こちら、農産物直売所の「ようよって」。
地元のおかあさんたちが迎えてくれます。

face01天野の里 産直物産販売所 ようよって
伊都郡かつらぎ町大字上天野786
土曜・日曜・祝日 10:00~16:30






さて、この日種をまいたそばは10月~11月にはもう、収穫・脱穀へ。
イベントもあるので参加しませんかik_20
地元の方はみんな温かくてik_83初めて訪れても
久しぶりに会う親戚みたいな??年に1組ペースで移住してくる人がいるというのもうなずけます。

これからは、おいしいおいしい天野米の新米も出る頃、ぜひ天野に出かけてみてください。

ik_48収穫祭とウォーキングイベント 10/29(土)9:30~ <雨天順延>
ik_48手打ちそば体験& そば遊び・食味イベント 12/11(日)9:30受付 10:00~14:00 
  参加費/大人 1,500円(会員・天野区民 1,000円) 小学生以下500円(天野小学生は無料) 
  ※先着70名
  ※但し、手打ちそば体験を希望する人は 別途1,500円※先着15名  
  申込/郵 送 〒649-7142 和歌山県伊都郡かつらぎ町下天野1072 谷口 千明
  FAX 0736-26-0172
  申込期間/11/1(火)~12/6(火)必着
face01問/0736-26-0055 天野の里づくりの会
http://www.katuragi.or.jp/amano_satodukuri/index.htm
    

Posted by わかやまNPOセンター at 17:08Comments(0)

2011年08月18日

九度山町農林総合研修センター さえもん




日本一の品質を誇る九度山の富有柿。
そのおいしさをそのまま伝えようと、九度山町柿加工グループが
試作に試作を重ねて出来上がった手作りジャムがこちらik_20
ふくよかな富有柿を贅沢に使ったジャムは、栄養もたっぷり。
毎日の食卓に用意したいけど…いったいどこで売ってるの??

さあ、今週末は、九度山に出かけましょik_34




九度山町って、みなさん行ったことがありますか?
まずは柿が有名ですが、歴史、自然、いろんな魅力にあふれる町なんです。

世界遺産に登録される慈尊院。高野山の表玄関として、この慈尊院から大門まで、参詣道である町石道が続きます。
かつて高野山は女人禁制で、弘法大師のもとに行けなかった女性がここで暮らしたため
女人高野とも呼ばれます。











 静かにやさしい風情で佇む慈尊院。子授け、良縁などを願って多くの女性が訪れます。


  





また今、人気ゲーム戦国BASARAでもイケメンキャラとしておなじみのicon06、あの真田幸村ゆかりの観光スポットも…
関ヶ原の戦いに敗れた真田幸村が、父とともに隠れ住んだという屋敷跡に建つ寺院「真田庵」です。

←「真田庵」。境内には「真田宝物資料館」が。入館料/200円 8:00~17:00

隣接して、おいしい手打ちそばのお店もあります。→



ちなみに幸村グッズもいろいろik_20
特に注目は、ペットボトルに幸村のかわいいイラストがいっぱいついた「幸村茶」。
今、なんと関東で人気が出ていて製造がおいつかない勢いだとか…。
麦茶ベースに柿の葉のお茶をブレンドしたコクのある味わいです。

←和歌山でもブレークなるか?!





歴史探訪も楽しみつつ、山に向かえば…。関西屈指の景勝地「玉川峡」で、川遊びや釣り、キャンプなどアウトドアを満喫icon01
いろんな魅力にあふれたまちなんです→ http://www.town.kudoyama.wakayama.jp/



九度山の駅周辺から、川沿いの木々に囲まれた道をドライブ。



こちらが、九度山町農林総合研修センター「さえもん」。奇岩と清流が織りなす景勝地「玉川峡」を望むレストハウスです。すぐ裏の河原は、川遊びを楽しむ家族連れでにぎわいます。



さえもんの駐車場広場から直接川へ。いい季節には、川景色を見ながらベンチでまったりもおすすめ。







ik_83じゃあ~んik_23柿ソフト200円!これは、ここでしか味わえません
甘さ控えめさっぱり柿味。ぜひ一度お試しあれ。


柿ジャム、ここに売っていますよ!柿ジャムと柿とハッサクのジャム。どちらも実の食感をぜいたくに生かした食べごたえのあるジャム。パンにつけたり、ヨーグルトにいれたり…。
各520円ik_48




              果肉たっぷり、無添加手作り、カップ入りの
              柿アイス300円。
              おいしい柿を使っているから、アイスクリー
              ムの味わいもスペシャル!






地元の主婦たちが活動する九度山柿加工グループの代表、
前田さん。
大阪出身の前田さんは、九度山の柿のおいしさに感動。
「何かできないか」と柿のアイスクリームとジャム作りを始め
たのだとか。何年もかけて試作を重ねて出来上がった、
完成度の高いアイテムなのです。



さえもんのほか、こちらでも柿のジャムを買えます

face01ふるさと産品直売所 TEL 0736-54-4747URL:http://kaki-kudoyama.com/

face01やっちょん広場 TEL 0736-33-2500


九度山町農林総合研修センター さえもん
0736-54-3800
伊都郡九度山町丹生川246-1
9:00~17:00 ※夏期は~18:00
11月の平日、12月~3月休み

  

Posted by わかやまNPOセンター at 18:35Comments(0)

2011年08月04日

天野の里 産直物産販売所 ようよって




かくれ里…という言葉がぴったり。
高野山のふもと、周囲を山に囲まれた田園地帯、天野。
この天野で採れた農産物を直売するお店が「ようよって」です。
地域の農家が朝早く持ってくる野菜は新鮮そのもの!
秋になれば、天野米を求めて遠方からのお客さんでにぎわいます。









icon14みごとなトマト~face05

      これを見ただけでも買いにいきたくなるでしょ?icon16
      大きくてずっしり重くて、水に沈むくらい実がしまっていて、甘味酸味のバランスが最高!
      カタチもきれいで、天野のトマトをお中元にする人も多いのだとか。




ほかに志賀地区と並んで評判のきゅうりや、かぼちゃ、なす、ピーマン、インゲン、春は山菜や葉物、穀物類…標高450mの天野の高原野菜は、昼夜の温度差で味わい抜群!
平飼いでていねいに育てられた鶏の健康卵も見逃せませんik_20


「ここの野菜は、ほんっとおいしいです」と常連さん。




秋になれば、全国的に有名な「天野米」が並び、遠方からもたくさんお客さんが。
古くから高野山に献上していたという歴史あるお米です。
でももうこの時期には、米粉というかたちでしかお目にかかれませんでしたface02
野菜やお米のほかにも、ブルーベリー、菊、バラ、草餅、黒豆などが好評。
また、地元の陶芸作家さんのすてきな作品も…





世界遺産に登録されている丹生都比売神社をはじめ、空海にまつわる史跡なども数多く、散策にも最適。
町石道の六本杉や二ツ鳥居をめぐるコースなどウォーキングを楽しめます。

高野山が女人禁制だったため、いつか会える日を夢見て天野に身を置いた女性も多く、悲恋を物語る史跡も…。







木漏れ日が涼しげで心地よい丹生都比売神社。
朱色の太鼓橋を渡って境内へ、凛とした空気が漂います





にほんの里100選に選ばれている、天野の里風景。癒しの空気に心がじんわりik_48










ほんとにすてきな里山。
ぜひぜひ訪れてほしいです!
http://www.katsuragi-kanko.jp







天野の里 産直物産販売所 ようよって

0736-26-0360
伊都郡かつらぎ町大字上天野786
土曜・日曜・祝日 10:00~16:30

  

Posted by わかやまNPOセンター at 11:08Comments(1)

2011年08月01日

志賀ふれあいの里「志賀ありがとうの店」




和歌山市内や大阪からも常連さんが訪れる農産物の直売所。
地域のおじいちゃんおばあちゃんが「ありがとう」の気持ちで迎えてくれるあったかい場所なんです。
採れ立ての季節の野菜が、ほんとにお安く買えて、こちらこそ「ありがとう」icon01
併設する加工所で作られるものや、農家の家庭で作られる加工品も好評!






高野山に続く国道480号線沿い、先のトンネルを超えたら、もう高野町というロケーション。
すぐそばを流れる真国川の清流にはホタルが舞い、毎年多くの人が観賞に。










これが志賀のきゅうりface05






高野山に近い標高400メートル志賀地区。朝夕の温度差が、おいしい野菜を生みます。
中でも「志賀のきゅうり」は、身がやわらかくて味が抜群と、遠方にもファンが多いのですicon14
夏野菜が豊富に並びますが、取材時、平日にもかかわらず昼すぎにはもう棚はさみしくなっていました…




枝豆がこんなにふっくら、枝付きでなんと100円!
ふきも7月の今もまだまだ元気です。

 

 
季節ごとにおいしい野菜がいっぱい、特に春はえんどう豆、冬は白菜が甘いと人気。

もともと林業が主だった地域らしく、大きくて肉厚な菌床しいたけも名物。



こちらのお店は、地域のお年寄りの生きがいづくりという意味を持ってスタートした直売所。現在は2代目にも引き継ぎつつ、約20軒の農家が参加しています。



新鮮な野菜はもちろん、添加物なしの手作り味噌、よもぎもち、こんにゃく、黒豆餅、ふきのつくだに、きゅうり漬け、福神漬け、金山寺みそ…といった加工品も多彩です。


お店には加工所も併設していて、山菜料理の講習会などイベントも開催していますicon01

←緑あざやかな高野槇。ほかにも、びしゃこ、しきみ、さかきなど神仏の植物も特産です。








「大阪からです。初めてここに立ち寄りました。
どれもほんとにおいしそう」

これから家族でたまゆらの里に
遊びにいくのだとか。





                      「野菜だ~い好き」和歌山市から
                      おじいちゃんおばあちゃんと来た、
                      ちひろちゃん、ゆずはちゃん。

    
         「産直市場をよくめぐるんですが、ここはゆっくりできて」
         とおばあちゃん。お茶を飲んでくつろぎます。









出店する農家が交代でお店番。
本日のスタッフ、
右から中東さん、茶谷さん、そして橋本から常連のお客様。
「店の裏に新しいトンネルが開通して道がよくなります。人口は減っていくけれど、遠くからお客さん来てくれるから続けていかんと」
と中東さん。









              
              同じ敷地内には「ふれあい会館」がicon14
              
              
              なんと椿温泉のお湯を使ったお風呂が。
              ゆったりゆったりしていくのはいかが?
              icon01入浴料金/大人600円 小人400円 
              宿泊施設もあり



icon01おいしい野菜と、楽しいお店の人たちと、元気をもらえる「ありがとうの店」です!



賀ふれあいの里「志賀ありがとうの店」
TEL 0736-26-0464

伊都郡かつらぎ町志賀1348-2
毎週土曜・日曜日 9:00~16:00  

Posted by わかやまNPOセンター at 18:47Comments(0)

2011年07月27日

和歌山こどもの広場




JR和歌山駅前、みその商店街東通り。
普段は、決してにぎやかな…とは言い難いこの商店街に、
ベビーカーを押したママさんが続々と。
いったい何があるの…と、中をのぞけばface02
育児真っ最中のママたちのik_92
それはそれは楽しそうな集いの場が広がっていました。
ドラえもんの大きな風船人形が目印「和歌山こどもの広場」をご紹介します!






子育ては24時間、休みなしicon10でもたまには息抜きしたいよね~
そんなストレスもたまりがちな、育児真っ最中のママたちが、子連れで気軽に集まれるのがこちら。

「もうハイハイするんや~早いなあ」
「この服カワイイね、どこで買ったん?」
「どうしても泣き止まないときって、みんなどうしてる?」

そんなママ話を遠慮なくできるのがいいんです。

特に、この日は人気の「おしゃべりカフェ」の日。
なぜ人気か??それは…
じゃ~んface05
こんなすてきなスイーツをいただけるから。
しかもコーヒーor紅茶つきで、なんと400円!!



本日のスイーツは
マンゴープリン 
ココナッツソース&アロエベラ&タピオカ
キャラメルアイスと飴細工を添えて






 いつもすてきなスイーツik_07を用意してくれるパティシエは、
 和歌山市吉田にある、ワインビストロ「プリュム」の信清さん。

 ご自身も5歳と2歳の子どもを持つママさんで
 「こどもの広場」を利用する仲間です。

 プリュム→http://plume.ikora.tv/



 この日の参加者は、大人29名、子ども22名。
 何度か時間差でのスイーツタイム。

 …大人の方が多い??はい、子ども連れじゃなくても、参加OK。
 みんなで優雅にいただきます~。
 この間子どもたちはik_92 隣のキッズルームで夢中で遊び、
 運営スタッフが見守ってくれています。




乳幼児を連れたママたちの交流スペース。
同じくらいの子どもを持つ親ならではの共通の話題、情報交換など、「子育て話」はつきません。
初めての人もふっと仲間に入っていけるあたたかさは、いつも迎えてくれる運営スタッフのお人柄の表れです。




運営メンバーの新田さん、橋口さん、島﨑さん(右から)icon01
24年間続いた「和歌山ひがし子ども劇場」を前身に、2008年にスタート。利用者が増えて手狭になったことで、
2011年に同じみその商店街の今の場所に引っ越し
オープンしました。



新しい場所になってから、利用者はどんどん増えて、1か月の利用人数はのべ500人を超えます。
ママたちに「こどもの広場のいいところは?」聞いてみました。

ik_48アットホームな雰囲気が好き。知らない同士でも話しやすいですね
ik_48転勤族で和歌山に来てまだ2年。いろんなお母さんと知り合えて和歌山のいいところも教えてもらえてうれしい
ik_48いつも新田さんたちがいてくれて、笑顔で迎えてくれる。すごく安心できる場所です






石橋スンヒさんと直弥くん2歳
韓国から和歌山に来て3年目。
こどもの広場でたくさん友だちができました。
ここは、好きな時に来ておしゃべりできるのがいい。
ママさん同士で会を作って、韓国のおやつ作りもやりました。



      
      
       
      
      

      
      
          
         
         
          「懐かしくて、今日は新田さんに会いにきました」
          と小川詩乃さんとおかあさん。
          和歌山ひがし子ども劇場の時代から…
          詩乃さんが3歳のときからのおつきあいだそう!




いつでも立ち寄れる居場所であるとともに、保育サポート(託児)やカウンセリング、また、小学生対象の催しや夏休みにはキャンプも実施。
参加してみたいなと思ったら、まずは公園に出かける感じで気軽にのぞいてみては?




  





◎お買い物や美容室に行くときは、保育サポート(託児)がうれしい!
 託児希望日の2日前16:00までに要予約 
 料金/平日1時間800円 以降30分ごとに400円
      土日1時間1,000円 以降30分ごとに500円 

※広場・保育とも、子ども1人年間300円の利用料が必要です。




和歌山こどもの広場
TEL 073-428-2411

和歌山市美園町5-9-1 みその商店街東通り
10:00~16:00 
月曜、火曜、祝日休
http://www.geocities.jp/wakaba_since2008/



                


  

Posted by わかやまNPOセンター at 17:09Comments(6)

2011年07月22日

コミュニティ・カフェ ゆるり





ゆったりのんびり、ランチやティータイムを楽しみたいな…というときは、
築地通りの歩道沿い、カレーハウスcoco壱番屋の隣にあるカフェ「ゆるり」へ。
昔ながらの喫茶店のような、レストラン・バーのような
しっとり落ち着くスペースです。



コミュニティ・カフェ ゆるりは、夜だけ営業しているイタリアンバールの昼の空き時間を利用してオープンするカフェ。
ランチとカフェメニューを楽しめます。








まずは自慢のランチ。

実はこちら、ぶらくり丁にある人気のお弁当屋さん「和」の日替わり弁当。
こんなふうにきれいに盛り付けて、ほかほかでいただけるのです。お値段は、お味噌汁付きで500円icon01



基本的にランチは日替わりのみ。でももしほかのメニューが食べたかったら、スタッフに聞いてみて。和さんまで走って取りに行ってくれることも…。


icon28コミュニティランチ和の日替わりランチ 500円 ※味噌汁付
icon28味噌汁 100円


カフェメニューは…

ik_21コーヒー・紅茶 H/I 350円
ik_21ココア H/I 450円
ik_21ミックスジュース 450円
ik_21コーラ・カルピス・ウーロン茶 300円


そしてスイーツメニューも豊富。
その中には、ぶらくり丁「レモネードカフェ」の名物チーズケーキもik_83


























コクのあるベイクドタイプのチーズケーキにレモネードカフェ特製のレモンソースを添えて…
ゆるりオリジナルの爽やかなミックスジュースと相性抜群です。



ik_07レモネードカフェのチーズケーキ 430円
ik_07レモネードカフェのガトーショコラ 430円




夕刻にオープンするイタリアンバール「カフェラベネディカ」のドルチェも、<本日のスイーツ>として登場します。
ちなみにこの日は…

ik_07アフォガード 350円
ik_07パンナコッタ・クリームブリュレ 各380円
ik_07フレンチトースト 450円
ik_07ティラミス 480円

すごいラインナップでしょ??


そしてこれも忘れちゃいけない人気の一品
ik_07ふるさと館のみかんゼリー 300円



ゆるりを運営するのは、青少年の居場所&就労支援に取り組むジョブサロン「すてっぷ・ぽーと」。
2Fの交流サロンを利用するメンバーが、カフェスタッフとして迎えてくれます。

店名の由来は、「のらり、くらり、あせらず急がずゆるりといこうよ」との願いから。
厨房もホールも慣れない中でみんなイキイキ楽しそう。



好評のミックスジュースも試行錯誤の上のオリジナルメニュー。
「バナナ入れた?」「あ、バナナ、バナナik_40
そんな、ゆるりゆるりな雰囲気が、いいんです。





             コースターは、コーヒー豆の麻袋を利用した手作り、
             箸袋には、一つ一つ手書きされた文字が…
             こんなところでも癒されます。

             ゆるりな時間を、ぜひ楽しみに行ってみてくださいface02



 ミュニティ・カフェ ゆるり
 TEL 073-412-1840
(すてっぷ・ぽーと)
 
 和歌山市雑賀町36
 11:00~15:00 OPEN 土曜・日曜休
 http://profile.ameba.jp/jobsalonsp/





  

Posted by わかやまNPOセンター at 18:00Comments(0)

2011年07月14日

コミュニティランチ 和 なごみ





おいしそうなお弁当がずらり…。
どれもボリューム満点でおかずの種類が多いのが魅力!
ぶらくり丁にあるお弁当屋さん「和」の大人気、日替わり弁当(350円~)ほか、
3色ご飯の松花堂弁当(写真上/430円)やプチプレート(400円)、
唐揚げ、海老フライ、ハンバーグ…
その日によって内容が入れ替わるので、毎日通ってもあきな~いicon22



手作りオリジナルのいろんなおかず、こだわりオイルを使ったヘルシーフライも多彩。

これ見て→気まぐれで?ちゃりこ鯛のお頭つきなんてのもicon12
このお弁当だって500円ik_83









ある日の日替わりBランチ(450円)icon14『キン肉マン&ビーナス弁当』いわゆる、焼肉と焼きナス、毎日ネーミング凝ってますik_40ごはんは赤米にしました。



ぶらくり丁といえば、ほら、絶好のお弁当スポット、和歌山城がすぐ。これからはちと暑いけど、木陰はなかなか心地よいもんです。




こじんまりした店内にお弁当がずらり。お客さん、迷う、迷う…

実はテレビの取材なんかも。ABC「ごきブラ」に出演、トミーズ雅や赤井英和のサインがっ。


営業時間中の店内は、代表の大江さんと、女性スタッフの2人で切り盛り、大忙しなんです。






店頭販売だけではなく、配達もしてくれる「和」。お弁当の盛り付けや配達を担当するは、社会的自立を目指す、ティーンから40歳くらいまでの青少年。何人もの人がここから独り立ちしていきました。

お弁当の配達は、東署のあたりから南は紀三井寺あたりまでOKだそう。
でも、料理内容は毎日変わるから、近くならぜひお店に足を運んで、迷っちゃってik_30来店特典のポイントもついてお得ですicon01

おいしくて、ボリューミィな手作り弁当が300円~。実にコスパなお昼ごはんです!お目当てがある時は、電話で予約しておくのがおすすめ。


コミュニティランチ 和
TEL/073-423-4998

和歌山市米屋町8 BLISSビル1F
月曜~金曜 11:00~売り切れるまで

  

Posted by わかやまNPOセンター at 18:53Comments(1)

2011年07月12日

コミュニティ・レストラン シュフ・シェフ





シュフ・シェフ?名前にもけっこうインパクトあり。
主婦&主夫face02のみなさんが交代でシェフとなって、自慢の家庭料理を披露。
手のこんだメニューをなんとデザートつきで、600円~800円くらいで楽しませてくれる、
うれしいランチスポットなんです。






 
 さて、まず海南駅で下車。
 なんかカワイイ駅ですね。
 海も近いし、
 山もこんなに近い!
 

 
 
 和歌山マリーナシティをはじめ、県立自然博物館や黒沢牧場など、遊びどころもいっぱい! 
 なんといっても、漆器のまち、黒江の街並みは、海南駅からもてくてく歩いて20分くらい、
 ぜひぜひ訪れてほしいスポットです。http://www.kainankanko.com/



さてお目当ての、シュフ・シェフさんです。
海南駅ロータリーを出て右手に歩けばすぐ、このブルーの壁のビルが見えます。
表に出ているメニューボードを目印に扉をあけると、おもちゃや絵本のあるキッズスペース。
その奥で、楽しげなランチ風景が…



本日のメニューは、夏野菜いっぱいのカレー。
ルーはさらさらのタイプ、ほうら、
たっぷりトマトがっicon14
担当シェフのお家の菜園で育った野菜たちです。



見てください、この家庭菜園らしいカタチik_83
そしてトマトの色、真っ赤!




そして、お約束icon01本日のデザートはこちら。
もちろん和歌山産の柑橘を使ったオレンジムース。
コーヒーまたは紅茶は+100円です。



この日の担当シェフは、シュフ・シェフ代表の家本さん(左)とスタッフの栗本さん。
毎週交替でシェフがかわるので、いつ来てもわくわく感はマックス♪
大人気、和食の点心や、ちょっとひねったアイデアイタリアン、手作りパンが出る日、エスニック料理の日、などなど…
いずれも12食~20食くらいの限定提供なので、予約がベター!
来週のメニューは…シュフ・シェフのブログでチェック!http://syufuchef.ikora.tv/



店内にはキッズスペースがあって、小さな子供を連れたママさんたちも気軽に集えます。メニューにデザートを必ずつけてもらっているのは、ホッと一息つける時間を満喫してほしいからik_07



こちらのコミュニティ・レストランは、もともと、子育て中のママたちも気軽に外で食事を楽しめるように、そして、家庭の主婦が腕をふるって社会参加できる場所に、という思いからスタートした場所。今では、学生さんやサラリーマンのみなさんにもすっかりお馴染に。
ここでいろんな出会いが生まれ、まちの活性化の話も盛り上がり…今や地域のコミュニティづくりの拠点としてもなくてはならない場所に。

また、毎月最終週の金曜日には、夕方からオープンするトワイライト・シュフ・シェフを開催。
大皿料理をバイキングでいただくスタイルで、参加費は1,500円。ドリンクは別で、キャッシュオンデリバリーで思い思いに楽しめます。
17:00~21:00 OPEN ※19:00まではドリンク100円引きのサービスタイム!


ik_56そんなシュフ・シェフさんでは、登録シェフも募集中。
自慢の料理を披露してみませんか?また、自分のお店をやってみたい…という人の経験の場にしてもいいのでは?


コミュニティ・レストラン シュフ・シェフ
TEL/FAX 073-483-1252
090-3724-6244

海南市名高555-6
icon28毎週金曜日ランチのみ営業
icon12毎月最終金曜日トワイライトも営業(17:00~21:00)


  

Posted by わかやまNPOセンター at 10:57Comments(1)

2011年07月05日

さをり織りアトリエ Heart To Hand




縦糸と横糸の組み合わせで、様々な色の世界が楽しめる「さをり織り」。
色も素材も太さも織りの具合もすべてが自由。織り手の感性や偶然のおもしろさも手伝って
できあがりはまさに世界でひとつだけ。
そんな素朴で自由でアートな色とりどりの「さをり織り」の世界を気軽に体験できるのが
「さをり織りアトリエ Heart To Hand(はぁとつぅはんど)」です。



















こじんまりしたアトリエには織り機が約10台。壁面いっぱいの棚には、300種はあるという糸がずらり。
まさにアートフル♪♪
一歩足を踏み入れただけで、わくわくしてきます。
こちらで、オープン時間中ならいつでも誰でも「さをり織り」の体験ができます。

縦糸を交互に上下に分けて(織機が分けてくれるface02)その間に自分で選んだ横糸を通してカタンと手前に寄せ、足踏みで縦糸の上下を交代させて、さらに横糸を入れて…の繰り返し。
と書いて説明してもわかりにくいので、とにかくやってみてほしいなicon14

織り上がっていく感じは、慣れれば狙ったイメージ通りに、でも最初は、えっえっこんな風になるの??
と、サプライズがいっぱい。だって色の選び方なんて無限にあるんだから…(右写真は横糸の一例!)
どんな糸の組み合わせでも、なぜかすべて素敵に仕上がるのが、さをり織りなんですik_73
 
 



































テーブルセンターやストール、ベストやワンピースも。また、織りのいろんな部分を使って、バッジやポーチなど雑貨を作ってもカワイイ。






こちらのアトリエを運営するのは、「和歌山盲ろう者友の会」という団体です。
「盲ろうの方たちが、出かけやすい拠点として利用してくれれば。また、目が見えず、耳が聞こえないというのはどういうことなのか…さをり織りを通して交流する中で、盲ろう者への理解を深めてもらえたらと思っています」と事務局長の瀬戸節子さん。



友の会の会員は自由に利用できるこちらのアトリエ。定期的に通う熟練の方もおられます。糸は色の系統ごとに棚に並べられており、点字で表示。さらに、涼しげな色で、とか濃いめの緑で…など、介助者と相談しながら、実際に糸を手にとって、太さや素材、質感を確認します。
夏らしいすてきなストールができあがりましたface02


JR和歌山駅から徒歩約3分、気軽にさおり織りを体験できるアトリエです。
2時間の体験のほか、月3回、火曜日または日曜日にワークショップも開催。こちらは、糸代のみで体験できるので、とってもお得!日程などは問い合わせてね。








  





ワークショップの講師は、紀の川市打田に工房を持つさおり織り作家の小松文さん。

ワークショップでは小松先生の直々の手ほどきを受けられます。初めてでもみんな楽しそうに作品に取り組んでいますik_48打田のアトリエでも教室をされているのでやりた~い!という人はぜひ。 工房 文 TEL 0736-77-7106




 さをり織りアトリエ Heart to Hand
 TEL/FAX 073-498-7756

 和歌山市美園町5丁目5-1
 face02みその商店街西通り、織機が目印です。
 10:00~16:00 木曜・祝日・年末年始休
 ※体験・ワークショップなどは事前に予約してください

さおり織り(施設使用料)
◎2時間1,000円 10:00~12:00/13:00~15:00
◎パスポート 半年6,000円 1年10,000円
糸代は、出来上がりの重さで計算します[※1g=10円]
ワークショップ(さおり織り無料体験/糸代のみ要)
月3回 10:00~15:00※休憩1時間
時間内で20cm幅×2mくらいのストールが出来ます。糸代は約1500円~2000円(出来上がりの重さ1g=10円)
icon01




  

Posted by わかやまNPOセンター at 15:15Comments(1)